東京都〜熊本県 新幹線搬送

熊本城

患者様のご家族より依頼があり、東京都のがん研有明病院からご家族の地元にあるくまもと森都総合病院まで弊社の救急救命士がお付き添いさせていただきました。

患者様は50代の男性。髄膜癌腫症から症候性てんかん発作を併発し入院となった方で、ベッドで寝たきりの状態でした。

意識ははっきりとしていて、簡単な動作は行うことはできますが不随意運動が強く一人では食事等できない状態でした。

がん研有明病院から東京駅までは弊社の車両で移動

民間救急 車 車両搬送 患者 患者搬送 搬送 新幹線搬送

出発病院から最寄駅が東京駅になるため弊社の車両を使用し向かいました。

車内ではストレッチャーに横になって頂いて、バイタル測定や腰部や下肢の痛みの軽減を行いました。また、ご家族が新幹線に乗ったことがないとのことだったので新幹線への乗り方やホームまでの行き方などをご説明させて頂きました。

東京駅〜新大阪駅

東京駅に到着してまずは駅係員のお迎えが来るまで駅構内の多目的室にて待機をしました。

民間救急 多目的室 新幹線搬送 搬送 救命士 ストレッチャー

多目的室に駅係員がお迎えに来られ、ストレッチャーのまま新幹線出発ホームに向かいました。

いつも利用している通路が工事のため使用できず、一般の通路を使用しました。

民間救急 患者搬送 多目的室 新幹線搬送 搬送 救命士 ストレッチャー

(↓↓いつも利用している専用の通路はこちらです。)

民間救急 多目的室 新幹線搬送 搬送 救命士 ストレッチャー 患者搬送

新幹線内の多目的室をベッドタイプに準備していただき、弊社スタッフ2名でベッドへ布担架のまま移乗しました。

東京駅始発のため多目的室内で患者様の体勢等を2名で丁寧に行いました。またお付き添いのご家族が、新幹線乗車初めてのため切符の説明を行い車掌にお席まで案内して頂きました。

民間救急 多目的室 新幹線搬送 搬送 救命士 ストレッチャー 患者搬送

時間になり東京駅を出発し新幹線内では、適宜バイタル測定を行いました。

患者様はリラックスしていました。

ご家族は最初は指定席にお座りになられていましたが、初めての新幹線ということもあり途中から新大阪駅に到着するまでの間、患者様のお隣にいました。

そこでは、ご家族と患者様と3名でお話をして一つずつ不安を解消していきました。

新大阪駅〜熊本駅

九州新幹線に乗り換えるために新大阪駅にて下車しました。

新大阪駅では、現地の介護タクシーにホームまでお迎えに来て頂き、2名でお迎えのストレッチャーへ移乗しました。

新大阪駅は東京駅と違いとても寒く感じました。

九州新幹線のホームへ向かい、乗車する新幹線到着までホームにて待機していました。

到着まで少し時間があるため、ご家族が売店に3名分の昼食を購入しに向かいその間は、患者様のお側で寒くないように風除けをしていました。

民間救急 多目的室 新幹線搬送 搬送 救命士 ストレッチャー 患者

新幹線が到着し、介護タクシーのスタッフと2名で再び新幹線内の多目的室へ布担架のまま移乗しました。

熊本駅到着までご家族も多目的室内に一緒にいました。

ここでも適宜バイタル測定を行いました。

また新幹線内で昼食の時間となり、ご家族の購入してくださったおにぎりを小さく箸で分けながら、介助して食事をとって頂きました。

移動中に足が痛いとの訴えがあり、しばらくの間両足をマッサージていたところ痛みが和らぎました。とのことでした。

熊本駅〜くまもと森都総合病院

熊本駅に到着し、お迎えに来ていただいた介護タクシーの方と2名でリクライニング車椅子にに移乗しました。

熊本駅は、ストレッチャーが入らないためリクライニング車椅子でホームまで来ていただき、改札口前でストレッチャーに乗って頂きました。

熊本駅に到着してからは、ご家族も患者様も久しぶりに熊本県に来たことでとても安心したのか、笑顔が溢れていました。

熊本駅から病院までは20分前後で到着しました。

民間救急 多目的室 新幹線搬送 搬送 救命士 ストレッチャー 患者搬送

今回の搬送で、不安なお顔をされていた、ご家族と患者様の笑顔を見ることが出来てよかったです。

関連記事

  1. 徳山〜東京 新幹線搬送

  2. 新幹線搬送 民間救急

    秋田県〜神奈川県 看護師付き添い 新幹線搬送

  3. 富山〜千葉 救命士・看護師付き添い 新幹線搬送

  4. 長野駅 新幹線搬送

    長野〜東京 クリニック受診 往復対応 看護師付き添い

  5. 東京労災病院〜愛知 新幹線搬送 救急救命士1名対応

  6. 香川県〜神奈川県  新幹線多目的室 搬送