広島〜千葉 看護師・救命士2名体制 新幹線搬送

 

今回は広島県の病院から千葉県の病院まで新幹線で搬送した事例を書いていきます。

事例紹介

患者様は90代の女性。感染症の回復後の方でした。
寝たきりで点滴を行なっていたため全ての過程でストレッチャーを使用しました。
そして認知症があり自ら言葉を発することは少なかったため、
こちらが問いかけしそれに対し頷くといったコミュニケーションでやりとりしました。
また、右上肢が常に動いており、左上腕に入っている点滴のことを正しく理解できず
自己抜去する恐れがあったため、ご家族様のご理解と許可を得た上でミトンを装着しました。
容体があまり安定せず心配とのことで、今回は看護師・救命士の2名体制で搬送を行いました。

民間救急 看護師 救命士 介護タクシー 患者 搬送 患者搬送

病院から広島駅へ

民間救急 介護タクシー 病院 看護師 救命士 患者 搬送

朝広島の病院でご家族・患者様・介護タクシーの方と出発地の病院でお会いし搬送スタートです。
病院にはご家族様だけでなく、患者様のお知り合いの方や病院の医師・看護師
大勢にお見送りされ出発しました。たくさんの方にお見送りされる姿を見て
素敵なお人柄なんだろうなと温かい気持ちになりました。

朝はあまり道が混雑しておらず、想定よりもかなり早い時間に広島駅へ到着することができました。
車内ではバイタルサイン測定等行い、ご本人様の状態を掴むことから始めました。
また、車内は揺れもあり点滴の速度が狂いやすい状況にあったため点滴の管理をしっかりと行いました。

広島駅到着〜出発まで

広島駅に到着すると、駅員の方が来るまで一旦駅の待合室で待機しました。
その間も点滴管理や患者様のご容体に変化がないかしっかりと観察します。

 

時間になると駅員の方が来られホームまで案内していただき移動。
ストレッチャーを新幹線内へいれ多目的室の横につけて移動が楽になるように準備し
布担架で多目的室のベッドへ移乗しました。ここで介護タクシーさんとお別れです。

体勢を整え、点滴管理等を行なっていると新幹線が出発し、千葉までの長い旅が始まりました。
適宜バイタルサイン測定やおむつ交換などの必要なケアを行なっているとあっという間に
新横浜駅に到着しました。

民間救急 看護師 救命士 患者 搬送 患者搬送 新幹線 新幹線搬送 多目的室

新横浜駅到着

今回の場合は東京駅から目的地の千葉病院まで向かうと時間がかなりかかってしまうため
新横浜駅で降車しました。

駅では現地の介護タクシーさんにお願いしてストレッチャーを持ってホームまで来てもらいました。
車に揺られ1時間30分ほど、目的地の病院へ到着しました。
病院の方々と一緒にご本人様を病院のベッドへ移乗。引き継ぎをして搬送を終えました。

最後に

お付き添いされたご家族様からは感謝のお言葉をいただきとてもやりがいを感じ嬉しかったです。
また、この日は移動距離が長く大変お疲れだったと思うのですが、
様々な場面でお気遣いいただいたおかげでスムーズに物事を進めることができ、何事もなく無事に搬送を終えることができました。

患者様がご家族様の近くで安心してご静養できますことを祈っております。

関連記事

  1. 熊本駅 新幹線搬送

    東京〜熊本 新幹線乗り換え 看護師付き添い搬送

  2. 民間救急 新幹線 搬送

    八王子〜京都ご自宅 救命士付き添い 新幹線搬送

  3. 石川県金沢市〜神奈川県 新幹線搬送

  4. 富山県〜東京 新幹線搬送

  5. 民間救急 病院 富山県立中央病院 看護師 搬送 介護タクシー

    富山〜東京 看護師付き添い 新幹線搬送

  6. 民間救急 静岡 静岡駅 

    静岡〜大阪 看護師付き添い 新幹線搬送