東京〜北海道 飛行機搬送

 

患者様の娘様よりご依頼があり東京の病院から北海道の病院までご同行させていただきました。

患者様は90代の女性、身体に触れると声を出してしまう、四肢拘縮があり全てストレッチャーで寝たまま、点滴を行いながらの移動となりました。

 

車で羽田空港へ

 

出発時、患者様・ご家族様と病院でご挨拶し、羽田空港まで弊社の民間救急車で移動しました。

移動中も患者様に必要となるケアを実施し、体調の確認をしながら羽田空港まで向かいました。

バイタルサイン等の患者様に触れるようなケアをすると声を出されてしまう方でしたので、

これから何をする、触るときはどこに触る、など一つ一つ丁寧に説明しながら行いました。

どうしても声を出てしまう部分もありましたが、丁寧に説明することにより声を出す頻度が少なくなっていきました。

ストレッチャーで移動する方でしたので、羽田空港では一般搭乗口からではなく、制限区域と呼ばれるところまで車で行き、リフト車に乗って移動しました。

環境が変わったことや、見知らぬ人がたくさんいる状況に不安な様子で声を出す姿がありましたが、優しく声がけしなんとか飛行機に乗ることが出来ました。

飛行機に乗ってる際はお疲れのこともあり、寝ている時間が多かったです。

着陸する際に目が覚められ不安げな様子でしたが、大丈夫と声かけし安心していただけるよう努めました。

飛行機の中ではこのような形で過していただきました。

横には窓があり、そこから見える景色はとても綺麗でした。

(あまり綺麗に撮れませんでした・・・)

新千歳空港から介護タクシーで病院

北海道に到着してからは北海道の介護タクシーさんに協力していただき病院まで向かいました。降りる際は制限区域からではなく、空港の職員さんに案内していただき一般搭乗口に向かいました。

介護タクシーの中でもお疲れの様子で声を上げる様子があったので、あともうちょっとと励ましながら向かいました。

東京から北海道まで飛行機での長時間・長距離の移動はご本人様・ご家族様にとっても大きなイベントであったかと思います。このような一つの大きなイベントに携わらせていただき光栄に思います。ご本人様がご家族様の近くで静養できますことを心より願っております。

関連記事

  1. 北海道の釧路〜名古屋 航空機、新幹線利用の長距離搬送

  2. 東京〜札幌 飛行機搬送 記録

  3. 栃木県〜沖縄県 飛行機搬送

  4. 長崎〜茨城 認知症 飛行機搬送

  5. 墨東病院〜ウズベキスタン タシュケント空港 飛行機搬送

  6. 長崎県五島市〜東京都青梅市 航空機搬送