静岡〜大阪 看護師付き添い 新幹線搬送

民間救急 静岡 静岡駅 

 

今回は静岡から新大阪まで移動した例を書いていきます。

対象様の状態

対象者は脳梗塞で倒れた80代の男性でした。
経鼻経管栄養をしており、鼻にチューブが挿入されていました。
左片麻痺があるため左側はあまり動かすことはできませんが、
右側は動かすことができるので、鼻に挿入されているチューブの抜去に注意しました。
病院ではミトンをしていましたが、今回の移動ではタオルを用いて抜去予防に努めました。
(このタオルに関しては、ご家族様のご理解と同意を得ています)
また吸引が必要な方だったので、痰詰まりにも注意しながらの移動となりました。

病院〜静岡駅へ

当日に出発地となる静岡の病院に行きました。
とっても晴れていて絶好の搬送日和でした。

新幹線 景色

静岡の病院から、静岡駅までは現地の介護タクシーさんにお願いし移動をしました。

病院で患者様とお付き添いされるご家族様、現地の介護タクシーさんにお会いし、皆様にご挨拶。
良い雰囲気の中、静岡駅まで移動しました。
車内では、搬送に至る経緯や静岡県のことをお話ししながらとても和やかな雰囲気でした。
私自身静岡にはあまり行ったことがなかったので、さまざまなお話を聞くことができ
とても楽しい時間となりました。

病院 新幹線 搬送 多目的室 介護タクシー 新幹線搬送

静岡駅到着、新幹線乗車

話しているとあっという間に静岡駅へ到着。
待ち時間がたくさんあったため、時間まで待合室で待機。
すると、ここでお孫さんと合流。
どうやら患者様の娘様が心配でお孫さんを派遣してくださったそう。
娘様は新大阪駅でまた合流するとのことで、とても家族愛に溢れた素敵な方達だなあとほっこりしました。

和気藹々とお話しさせていただき、時間になると駅員さんの案内でホームへ。
静岡駅ではエレベーターにストレッチャーが入らないためリクライニング車椅子を使用しました。

新幹線が到着すると、リクライニング車椅子で新幹線内へ。
そこから介護タクシーの方と一緒に多目的室内のベッドへ移乗しました。
多目的室では患者様と私の2人で過ごしましたが時々奥様が顔を出してくださり、
患者様も安心した様子でした。

民間救急 患者 患者搬送 新幹線 新幹線搬送 多目的室 看護師

新幹線に乗車するまで痰が出るようなことはなかったのですが、
乗車後に咳をして痰が出る様子があったため吸引を行いました。
スッキリしたのか、この搬送での吸引はここの場面のみでした。

新大阪駅〜目的地の病院まで

何事もなく綺麗な景色を眺めながら揺られること約2時間・・・
新大阪駅へ到着しました。
ここでは、大阪の介護タクシーさんと患者様の娘様と合流。
娘様が患者様の顔を見て安心されていたので、一先ず大阪まで問題なく来れてよかったと思いました。

新大阪駅はストレッチャーが入るエレベーターがあるため、ストレッチャーを用いました。
多目的室のベッドからストレッチャーへ介護タクシーの方と移乗し、
駅員さんの案内で下に降りて車に乗り込みいざ出発です。

新大阪駅から目的地の病院まで約30分ほど。
車内でも大阪のことや出身地のことなど様々なお話をしてくださり
とても良い空気で向かうことができました。
無事に目的地の病院に何事もなく到着しみんなで一安心。
病院の方に引き継いで搬送終了となりました。

最後には、
あなたが来てくれてよかった、本当にありがとう
とご家族様からお言葉をいただき、私も今回の搬送にご同行することができ心の底から
嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
また、このような気持ちで搬送できたのもご家族様の様々なご配慮とお気遣いのおかげだと感じております。
本当にありがとうございました。

素敵なご家族様のお近くで患者様が静養できますことを心より祈っております。

関連記事

  1. 香川県〜神奈川県  新幹線多目的室 搬送

  2. 広島〜千葉 看護師・救命士2名体制 新幹線搬送

  3. 東京都町田市〜秋田県大館市 新幹線搬送

  4. 長崎県 長距離搬送

    東京都〜長崎県 救命士・看護師3名対応 新幹線搬送

  5. 山口県〜千葉県 新幹線搬送

  6. 岡山搬送記録

    岡山〜神奈川 新幹線搬送 記録