広島〜埼玉 救命士看護師2名体制 新幹線搬送

概要

今回は患者様のご家族様からご依頼があり、広島県三原市にあります興生総合病院から埼玉県坂戸市にある若葉病院まで新幹線と車両を使って搬送いたしました。

今回搬送した患者様は80歳男性の方で中心性頸髄損傷と誤嚥性肺炎で入院している方で吸引が必要な方でした。今回ご家族様がお付き添いできないとのことで安全管理とリスク管理を含めて、看護師と救急救命士の2名で対応させていただきました。

出発病院〜福山駅

搬送当日に、現地の介護タクシーの方と合流し患者様をお迎えにあがりました。患者様は顔色が良く、コミュニケーションも良好に取ることができました。頚部痛や四肢麻痺があり、両上肢は肘が屈曲したままで進展できない状態が見受けられました。担当の看護師の方から申し送り等を受け、出発準備が整ったためストレッチャーに移乗し車両へと向かいました。少し緊張されているようでした。

福山駅に向かっている道中では適宜声掛けをし信頼関係を築きながら、バイタルサインを測定するなど容態管理を継続しました。

福山駅〜東京駅

今回は新幹線を利用しての搬送になります。新幹線内には多目的室というものがあり、椅子状になったりベッド状になったりする座席が設置してあります。今回はベッド状の形にし東京駅に向かいました。起立性低血圧があるため仰臥位で寝てもらい患者様の容態と希望を照らし合わせて苦痛の軽減を図りました。頚部を一番気にされていたので用意していた柔らかい枕やブランケットを使い保護したした。新幹線内ではバイタルサインや吸引を適宜測定しつつ談笑したり首元のポジションを整えたりしました。

 

東京駅〜到着病院

約3時間30分の乗車を経て東京駅に到着しました。東京からは弊社の民間救急車が待機しており、ドライバーと協力してストレッチャーへ移乗し車両へ向かいました。東京駅の人の多さに驚いていました。車内では継続的に容態管理しつつ談笑しながら若葉病院へ向かいました。

新幹線 ホーム 救命士 ストレッチャー

到着病院にて

病院に到着後は病棟の看護師の方々と協力して病院のストレッチャーへ移乗し、担当看護師に申し送りをしました。最後に病院で待機していたご家族様にご挨拶をして搬送終了となります。

最後に

今回搬送を任せていただいた感謝の気持ちと無事到着し安堵しております。

新たな地での生活となりますが心から素敵な生活になることを願っております。

新たな門出をサポートさせていただき誠にありがとうございました。

関連記事

  1. 川口さくら病院

    鹿児島薩摩川内〜埼玉川口 新幹線 寝たきり患者搬送

  2. 民間救急

    愛媛県〜神奈川県 新幹線搬送

  3. 八戸駅 新幹線搬送

    青森県〜千葉県 新幹線搬送 医療処置あり 看護師付き添い

  4. 民間救急 看護師 救命士 病院 搬送 新幹線 患者 新青森駅

    青森県青森市〜東京都杉並区 新幹線搬送 救命士対応

  5. 民間救急 新幹線 搬送

    八王子〜京都ご自宅 救命士付き添い 新幹線搬送

  6. 石川県金沢市〜神奈川県 新幹線搬送